熟年夫婦の浮気調査を探偵に依頼

不倫 体験談
私は浮気調査をした事で伴侶が浮気をしていた証拠を手に入れ、熟年離婚をしました。

熟年夫婦であれ、伴侶が浮気を行なう、というのは精神的に堪える物があります。

「旦那さんも生涯遊ばないのは可哀相よ」、「年配なのだから今更浮気をされても容認するべき」と、世間の一部において旦那の浮気は許容するべき、熟年夫婦は浮気を許容するべきといった風潮がありますが、私はこれから旦那を介護する身、浮気をして遊んだ旦那の介護は生理的嫌悪にてとてもできそうにはありませんでした。

旦那が浮気をしているのでは、と察知したのは旦那が頻繁に女性と電話をしている様子だったからです。

女性と電話をしているのは確実、しかし電話だけでは浮気の証拠にはなりません。

私は旦那が留守の間に旦那の机を探ってみたり、旦那が携帯電話を手放している内に携帯電話を覗こうとしましたが、旦那も馬鹿ではないので自宅に浮気の証拠など残していませんし、携帯電話もガードが掛けられて調べられませんでした。

浮気をしているのでは、と疑う日々が続き、精神的にも落ち込む事が多くなり、自分の気持ちを明るくさせるためにも浮気調査を業者に依頼しました。

信頼できそうな探偵に浮気調査を依頼したのですが、知り合いや親族が「旦那の浮気くらい好きにさせなさいよ」と言うのに対して、探偵は熟年夫婦の浮気調査依頼でも快く引き受けてくれ、嬉しかったですね。

探偵は特殊な業者かと思われますが、普通の会社よりもずっと丁寧な対応でした。

泣き寝入り、旦那と浮気相手に軽んじられる、騙されたまま生きる、私は浮気のそういった面が嫌だったのです。

もし、浮気をしていないと判明すればそれはそれで納得ができます。

旦那は頻繁に外出、外泊、夜遅く帰宅する、と浮気をしやすい生活をしていたため、探偵に浮気をしそうである時間帯や日にちを伝えやすかったです。

初日は空振り、しかし二日目の調査にて尻尾を掴み、三日目にて完全に浮気の証拠となる写真を撮影してもらえました。

浮気調査をし、浮気をしていたと判明した訳ですが、私は泣いたり落ち込むどころかすっきりとしました。

もう、浮気をしているのだろうか、とやきもきせずに済むのですし、これできっぱりと離婚ができる、と迷いを断ち切る事もできたのです。

離婚手続きの際にも探偵業者に私が有利になる助言を頂き、とてもお世話になりました。

老後はお一人様ですが、浮気をした旦那の世話を看なくて済んだだけとてもハッピーだと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする