探偵になる方法の話

探偵になりたいけどどうやったらなれるのかわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。

ここではどうやったら探偵になれるのかということを書いてみたいと思います。

まず、探偵と言っても大きく2つの道があります。

1つは探偵事務所や興信所の従業員となることであり、もう1つは探偵事務所や興信所の経営者になることです。

どちらの道を選ぶかで最初に選ぶ選択肢も変わってきます。

1.探偵事務所で従業員として働く

(1)探偵学校に入る

探偵学校というものがあり、入学金や学費を払えば実習や講義を受けることができます。

探偵がどのような職業なのかや技術的なものを学んでおきたいという方は向いている選択肢かもしれません。

学校卒業後には働く探偵事務所を斡旋してもらえるケースもあります。

しかし、学費が比較的高いということ、十分に技術を学べるとは限らないということ、必ずしも就職先の斡旋があるわけではないということなど、デメリットも多く見受けられます。

また、探偵事務所に従業員として採用されるには、その直属の探偵学校に入らなければならないという条件がある場合もあります。

どの探偵学校を選ぶかは事前に情報収集してご自身に合いそうなところを選ぶ必要があるでしょう。

(2)見習いになる

どこかの探偵事務所が見習いを募集していたら、そこの見習いになってみるという方法もあります。

しかし、一般的に「見習い」の収入は十分なものとは言えず、見習い期間中はわずかの給料で使われることになるでしょう。

この期間中に探偵に嫌気がさしてしまう人も多いでしょうから、少々メンタル的な強さが必要になるかもしれません。

見習い期間が終了して能力があると判断されれば採用されることになるでしょう。

(3)採用される

従業員を募集している探偵事務所があれば、面接後にすぐに従業員になれる可能性があります。

探偵業界はブラック気味なので採用条件は自分に合うと思ったところを選んだ方がよいでしょうね。

2.探偵事務所の経営者になる

まず前提として、自分が探偵・興信所を経営する場合は営業所(自宅)を管轄する警察署に探偵業開業の届出が必要となります。

これは探偵業法で定められている必須の手続きです。

従業員の立場では必要なかったものですが、そんなに難しいものではなく、決してハードルの高いものではありません。

(1)自分で開業する

開業の意味は他業種と同様で、完全に自分で探偵事務所を開業して経営することです。

広い意味では、一般の依頼者ではなく他の探偵事務所からの下請けを専門をこなすフリー調査員もこの部類に入るでしょう。

なので開業としては、主に一般依頼者から依頼を受ける経営をするか、他社に営業をかけて下請け調査を専門とするか、という2種類の開業があると言えます。

但し、どちらも経営を継続していくという点では簡単ではなく、ある程度業界事情に通じ、ノウハウも身に着けていた方がよいでしょう。

(2)フランチャイズに加盟する

探偵業界にはフランチャイズ加盟店を募集しているところもあります。

フランチャイズとは、すでに営業している他社の名前(看板)で営業し、その見返りにロイヤルティー(看板料)を支払う仕組みです。

探偵業に限らず、全国規模で展開しているように見えても、実は多くがフランチャイズ加盟店であったりします。

フランチャイズ加盟すればすでにビジネス展開している探偵事務所名を名乗れる、全国規模のように思われる等のメリットがあります。

しかし、探偵は収入が安定しない業種なので、依頼が来ない時もロイヤルティーを支払わなければならないというリスクがあり、加盟によるルール上の縛りも多くなる点はデメリットとなります。

上記のように探偵になる方法を書いてみましたが、どの方法を選ぶかは自由です。

いずれは自分で開業するという意気込みで探偵になったほうがやりがいがあるかもしれませんね。